2 March 2016

Still Dreaming,,,,,,,,,

おれは木の棒切れで太鼓やシンバルを叩いて、叩いて叩いて叩きまくって、叩いた時のその音が、うたと混ざったり、一緒に演奏する人の楽器の音と混ざったり、その場の空気に混ざったり、聴いてくれている人の気持ちに混ざったり、そんな風にいろんななにかに混ざったりすることで、それはただの太鼓やシンバルと木の棒切れのぶつかる衝突音なんかじゃなくなって、ドアをノックする音だったり、優しい雨降りの音だったり、恐ろしい悪魔の足音だったり、柱時計の音だったり、遠くの雷鳴、警笛、虫の鳴き声、ううん、、なんだろう、わからないけどとにかく全然かたちをかえて、曲の世界の中で魔法みたいに、聴く人のイマジネーションに火をつけて、リラックスさせたり、驚かせたり、励ましたり、笑わせたり、心を踊らせたり、或いは、ただただ身体を踊らせたり、ずーーーっと忘れてたことをフト思い出させたり、ここはキングストンだ!と思わせたり、ううん、、なんだろう、わからないけどとにかく、聴いているひとの心を少しでも、もうほんの少しでもいいから動かせたらいいなと真剣に、それもかなり真剣に思っています!いやあ本当に恥ずかしげもなく書くけれど、そんな音の魔術の存在や可能性を信じて止まず未だ生きております、おれも今日で39歳!まだ生きてる、演奏も出来る!最高!ついてる!サンキューサンキュー!感謝の歳だよ。いつもありがとう!LOVE!これからもよろしく!!大変な躁状態みたいなテンションの文面も誕生日だということで大目にみてほしい。うわーしかし40代がそこまで来てるぞ。見てみたいけど見てないもの、やりたいけどやってないことが星の数ほどあるぞー、うわー、うわー。ではでは!みなさま良い1日を!