4 November 2014

雑記

ずいぶん久し振りになっちゃったなあ。
みなさんごきげんいかがですか。

おれは相変わらず、必死で楽しく過ごしています。
必死だけれども、とても楽しい、という、、うん。
まあそんな感じです。なんだかとても
生きている!うおお!という感じ。
一日一日をボワーと燃やし切ってる感じで
とても楽しい。余裕は全っ然ないけどね。

前回ブログを書いて以降、今日に至るまでの間、
ずいぶん楽しく刺激的なライブが多くて
ぼんやりと少し思い出そうとしてみるだけで
胸の高なるような、血の滾るような気持ちが
フラッシュバックしてきます。。。
そんな気持ちを思い出して、言葉に変えて
このブログでご報告したいなーとは、
いつも頭の隅っこの方で考えてはいること
なんだけど、どうしても余裕がなくなって
しまうね。書き出すときりがなくなるって
いうのもあるけれど。。。
だからやっぱりその想いや気持ちや
空気や匂いや熱を、ライブに来て一緒に
楽しんでくれたら、俺にとって
それ以上に嬉しいことはありません。
一瞬一瞬をピカリと燃やしているライブに
是非是非お越し下さいな。

ライブラッシュ はまだ続いてるよ。
昨日の高橋徹也さんのライブに始まり、
ワンマンが今月はとても多いんだな。
スケジュール、チェックしてみてください。
ぜひぜひ宜しくどうぞ☆

しかし、毎日音楽に浸ってドラムを叩いてとても
ハッピーな日々です。。。そんなワタクシ、最近
気付いたことがあります!うすうす気がついてはいたが、、、
「無駄な努力」というのは存在しないっぽいです!(どーん!)
「無駄な努力」という言葉はそもそも、文法的におかしい!
そうだなあ「常夏の雪国」とか「真っ直ぐな曲線」とか、、
それくらいおかしな日本語だ!「努力」である以上
「無駄」なわけがないのだ、と思うぞ。
すぐに報われない努力もあるかもしれないし、
思ってたルートを辿れなかったり、思ってた終着点に
行き着けない努力も、もちろんあると思うけれど。。
でもそれは「無駄」ということじゃないんだな。。。
思わぬ意味を持ってひらりとプレゼントのように
のちのち自分にとって有益なものに姿を変えて
帰ってくるように出来てると確信してしまった
37歳、2014年の晩秋、でございました。

ではまた。おやすみ。

チャオー☆