29 March 2013

だいぶステキだった春の演奏旅行のこと

ハローハロー。ごきげんいかがですか。

俺はツアーに出て、いろんな街でドカドカと
ドラムを叩いてきたよ。帰って来てからも
都内で立て続けにライブがあったもんで、
ちょっとバタバタしてたんだけど、
今日は久し振りに一日フリーダムなんだ!!イエイ。
やらなきゃならないこともたくさんあるんだけどさ。。。
まあ、とりあえず昼ビール!わーい。

そう、その先々週あたりから旅した
熊本、高松〜神戸〜徳島〜大阪での
ステキだった演奏旅行のことを
少し書こうかなと思います。



熊本と高松は、宇宙まおぴんのサポートで
キタダマキさん、アッキーさん、サニーさんと共に
演奏してきました。熊本では馬をたくさん食べてさ。
高松では美味しいうどんや魚を食べたな。。。
あ、ライブも楽しかったよ、もちろん。
どちらもサーキット形式のライブでね。サーキットライブが
敢行される日の、あのなんともいえない街の空気というか、
ちょっと浮かれるあの感じ、っていいよね。
どちらも結構ひとが集まってくれてよかった。THX!!

最近は新曲をやってるんだけど、それがすごく良い曲なんだよ!
曲ももちろんだけど、まおぴんがその曲を演奏する前に付け加える
一言のMCがおれにはとても心に響くのです。
ライブに来たら聞けるよ、多分(フフフ。宣伝上手)
個人的には大好きな映画「INTO THE WILD」の
いちばん心に刺さったポイントと通じてると思うのだけど、
主人公のクリスが身を以て教えてくれたことと、
その曲の世界観はおれのなかでとても重なるのです。
うん。でもそのへんのことについては俺はむだに
喋り過ぎるかもしれないのでこのへんにしよう。
とにかく曲がいいからさ、ライブに聴きにおいでおいでー。

この間知ったけどまおぴんもおれも巳年でさ。
年男、年女。一回り違うんだよ!びっくりだよ。
まおちゃんのライブは4月も都内で2本決まってます。
そろそろ「ちゃん」なのか「ぴん」なのかも
ハッキリさせようと思います。よろしくどうぞ!




高松のあとは神戸、徳島、大阪へ。
LiquidとFULL SWINGのスプリットツアーに合流。
Liquidのメンバーとしていろんな街を演奏して
旅してまわれること自体が、おれの個人史的には
まだ結構な「事件」なんだけど、付き合いのすごく長い
ヤマグチ君率いるFULL SWINGと共に旅するというのは
さらにすごくスペシャルな事件なんだ。

ヤマグチ君のハモンドオルガンの音色と、
バンドのグルーヴが、おれをいかにして熱狂の渦に陥れ、
ダンスの虜にさせるか、いかにして彼らが音を使って
巧みに俺をビールのおかわりのためにバーカウンターに
足を運ばせるかについては、言葉では著せない。
体験してもらうしかない。そして今回のツアーで知った
FULL SWINGのメンバー4人の独特のバランス
についても書き出すとキリがなさそうです。
そんなFULLSWINGとツアーをする「事件」に加え
大阪ではさらなる大事件があったわけなんだけど。。
もうなにがなにやらね。本当に人生は素晴らしき冒険旅行です。



初日の神戸では、スペシャルゲストとしてリーテソン君。
以前に姫路で観たときもすごくステキだなーと思ってたけど
今回で彼のことがさらにとても好きになったよ。
ふらっと神戸の夜のムードを全身に纏って現れた
彼のステージは、歌もギターも、なんというか
危険な甘いお酒みたい。なんかうっとりしちゃう感じ。
本当に素晴らしかった。一曲参加出来て本当に楽しかったよ。
james blues landの内装がステキなことも相まって、
この日おれはテンションが早くもマックスに。
ちょっと飲み過ぎたかなあ。。。FULL SWINGの
ライブではツインドラムコーナーもあって
おれ踊ってんだか叩いてんだかよく判らない状態に。。。
新作制作中のLiquidは新曲多めのセットで挑みました。
Liquidは新作に向けて今もへっへっへとか
くっくっくとか言いながら準備してるよ。
弾薬詰め込んでる感じ。順調にいけば夏くらい
に発射の予定です。



翌日の徳島はとんぼ返りだったので
ゆっくり出来なくて残念だったのだけど
とりあえず徳島ラーメンは食べた。。。はは。
遠方にも関わらず足を運んでくれた人も
ちらほらいて、本当に頭が下がる思いです。
そして主催の金子さん、ありがとう!
ほんとにおつかれさまでした。
またぜひゆっくり行きたい!
この日はスタジオライブみたいな感じで
なんか大学生の頃を思い出したなあ。。。



最終日の大阪では昼間CAFE ROOMでの
tobaccojuice松本敏将の主催イベントに
すこし混ぜてもらってLiquidで参加。
プロジェクターを使って絵本の
ドローイングライブという新しいスタイルの
アートを開発し、この日も披露した
tobaccojuice大久保秀孝も交えて数曲セッション。
まあ平たく言うと、tobaccojuice×Liquidの状態だね。
アコースティックな静かめな曲を数曲。

夜のBar MUSZEでのLiquidのライブのなかでも、
このメンバーでの演奏の時間を作って、そこにさらに
FULL SWINGのヤマグチくんが加わって演奏した。
わりとガツンと元気な曲を数曲。

ちょっと最終日のこのスペシャルな時間については
あまり多くを語れないのです。ほんとに。
魔法にかかったみたいに今思い返しても
夢のような時間でね。シアワセでした。
ライブが終わってしばらく楽屋で放心しちゃった。
もちろん疲労もあったけど、でもなんだか
心がぐおーっと動き過ぎてさあ。

tobaccoujuiceの二人とは長い事いろいろな時間を
共有した。ほんとに楽しい事も、ほんとにつらい事も。
そのふたりと、俺が電撃的に横浜で恋に堕ちた
Liquidのふたり。でタバコよりも前から
ずーっとお互いを知ってるヤマグチ君がいて、
で、そこは大好きなお店、東心斎橋Bar Musze。
もうね。なにがなんだかって感じで。

いろんなことが起こるよ本当に。今という瞬間を
楽しむ能力みたいなものはどんどん研ぎすまされて
きている気がする。おれも、周りの友人たちも。
いろんな人が繋がって、その中心には
必ず音楽が鳴らされていて。なんだかしみじみと
この世界って本当にステキだなあと心から思うのです。
この日はあまり眠れなかった。ハイになり過ぎた!



この旅(特に最終日)はわりと強行スケジュール
だったんだけど、こういうしんどい段取りとかを
率先して請け負ってくれた我らがLITTLE WOODY氏や
主催の方々にはとてもとても感謝しています。
(結構これが一番言いたい事だったりする)
おれは本当にステージ出てってドラム叩くだけ!
もうそれ以外ずぼらでダメダメなんでこればっかりは
ほんとに申し訳なくてね。いつもすいませんって感じで。
プロダクションやレーベルの人がやるような業務も
今はアーティストが率先してやっていけないと
ダメなんだってのは重々承知してはいるんだけど。
甘えてばかりじゃイカンよなーと思ってます。
おれがゴキゲンに演奏して、魔法のような時間に
浸れるのにも、周りのみんなの支えがあっての事だよ本当に。



そして来てくれたお客さん、ありがとう、ありがとう!
いつもステージからなにかを伝えたくて演奏しています。
受け取ってくれる人がいないと、そこにほんとうの
喜びはおれにはありません。いろんな感情をいろんな音楽を通して
みなさんと共有するのは俺の人生を懸けたあそびのような
冒険のような、旅でございます。これからもそんな旅に
お付き合いいただけたら、と切に願ってます。
いつもありがとう。

ではでは今日はこのへんで。
アディオース!
アミーゴ!